PTCGO解説

 世界を取り巻く現状にあって、PTCGOを最近始めた、あるいは始めてみたいと思っている人は少なくないだろう。そういう人の助けになるようなものをここに記そうと思う。

 

 まず、PTCGOは日本語では無い。が、中学英語と、日本語版のカード知識さえあれば十分に理解することが出来る。英弱ホイホイだったアカギ◇もテテフのレギュ落ちで見なくなった。気にすることはないだろう。

 

 始め方、特にアカウントの作り方などについては多くの方が既に紹介済みと思うので、そちらを参照いただきたい。僕は最初の1デッキの作り方について照準を当てることにする。この時、ある程度課金するパターンと全く課金しないパターンについてそれぞれ説明を与える。当然、石油王について言及することはない。

 

 まず、ある程度(1万とか5000円とか)の課金をする人について。無課金の人もぜひ読んでほしい。PTCGOにはトレードに出せるカードと出せないカードの2種類があり、課金で手に入るカードは前者である。一方で、トレードに出せないカードはゲームを進めていれば勝手に手に入るようになっている。このゲームにおいて、カードを得るというのは基本的にトレードで欲しい特定のカードを交換してもらうということである。

 

 課金で最初に買うべきは最新弾のパックだ。これをトレードの資本にカードを集める。古いパックは単価も安いが、トレードにおける通貨としての価値も比例して低く、また需要が落ちていることもあって扱いにくい。古い特定のパックが剥きたいなら、ゲームを進めて集めることをお勧めする。

 

 現環境で勝てるデッキで、しかもある程度安いとなると限られてくる。たとえば5000円の初期投資では60パック程度買えるだろうが、これで組む場合のおすすめは小ズガやタチフサグマだ。1万円となると選択肢が広がり、三ザシやMM系列にも手が届くだろう。これを使って資本を蓄えることで、2つ目のデッキも見えてくる。

 

 では無課金で始める方について。この場合、ゲーム内コイン(以下トークン)を500貯めるところがスタート地点になる。エルレイドデッキが無料でもらえるため、これを使ってテーマデッキ戦を行う。弱く少し苦労するかもしれないが、相手が投了してくれて捗ることもあると思う。この報酬で500トークンを集めれば、テーマデッキを買えるようになる。これを使いまたテーマデッキ戦を進める。これによってトークンとトーナメントチケットが集まる。トークンで得られるパックはトレードが出来ないが、トーナメントチケットを用いて参加する大会(これは常時開かれている)では、勝利報酬としてトレード可能なパックを獲得することが出来る。

 

 つまり、無課金にとっての最初のゴールはトーナメントチケットをこつこつ集め、さらにそのトーナメントでトレード可能な資産を持つことである。このトーナメントはテーマデッキ専用のものもあるため、カードの弱さは問題にならない。

 

 無課金であろうとなかろうと、ある程度トレード可能な資産がたまった場合、トレードによって資産を増やすというのが見えてくる。つまり、安く仕入れて高く売るということだ。この手法が案外通用する(らしい)。僕はこれに精通している訳ではないが、詳しく、具体的におすすめなトレードルートまで説明した記事も探せば出てくるだろう。これを繰り返せば、わずかな初期投資だけで、十分な資産を実現できる。

 

 ただし、総じて注意すべきなのはトレードする場合、自分でトレードオファーを出すべきということだ。上にあるように皆が儲けたい一心でトレードを出すため、基本的に割高になっている。すぐ交換が成立するのは魅力なので、それも全然ありだが、資産がないうちは自分で相場を見極め、自分で出したトレードオファーをなるべく安く成立させるということが必要になる。カードのレートは調べればいくらでも出てくる。

 

 ざっくりとにはなったが、これで1つ目、あるいは2つ目のデッキまでの道筋は見えたと思う。それが実現すればさらにPTCGOが楽しくなるし、加速度的に作れるデッキも増えるだろう。では、ここまでお付き合いいただき、ありがとう。