イチオシトランプゲーム

 友人に読んでもらうようのメモ兼布教用に、僕の好きなトランプゲームを紹介したいと思います。4人ならハーツ5人ならナポレオン6人ならセフというゲームが好きな僕ですが、今回は3人ゲームイチオシの「オークション」というゲームを紹介します。
 カードはジョーカーを除いた52枚を使用します。4山13枚ずつを伏せて配り、1つは台札、残り3つを各人のハンドとし、準備完了です。
 伏せられた台札から1枚をめくり、そのカードを各自確認した後、ハンドから1枚を出します。3人の中で1番強いカードを出した人がめくられた台札1枚を手に入れます(ハンドには加えない)。
 上記を1トリックとし、13トリック行った後に得点計算を行います。最も多く点を獲得した人が勝ちです。これを複数ゲーム行い、最初に規定得点(100点など)に到達した人を勝者とする場合もあります。 
得点計算方法は
(得点)=(取っていないスート数)*10+(スートごとの数字の合計のうち最大のもの)-(最大のスート以外の数字の合計) 
カードの強さ A>K>Q>J>10>・・・>2
スートの強さ スペード>ハート>ダイヤ>クラブ
得点計算ではA=1 K=10 Q=10 J=10として扱います

 つまり、なるべくひとつのスートだけを集めることが目標になります。このゲームの素晴らしい点は初心者にもわかりやすい読み合いが発生する点にあります。4種類のスートに対してプレイヤーは3人なので、少なくとも1種類のスートが必ず余ります。基本的にはこの余ったスートを押し付け合うゲームになるのですが、これだけならローカードをどれだけ引いたかのゲームになってしまいます。既に獲得した札はお互いに見せ合うので誰がどのスートを狙っているかは明白ですが、その誰かが狙っているはずのスートを他人に押し付けることもアドの取れるプレーとなります。例えば自分がスペードを集めていて、スペードの2が捲れたとしますが、自分がこれを取ってもただの+2点にしかなりません。が、スペードを集めていない人に押し付けると-12点のプレーになります。ここに読み合いが発生します。ハイカードは基本的に要らない札を取るリスクになるので、他の人が狙っているスートに合わせて安全に切っていくのが理想ですが、ここに裏目を与えることが出来ます。この駆け引きがこのゲームの醍醐味です。
 得点計算こそ複雑で慣れるのに時間がかかるこのゲームですが、凄く面白いです。「オークション トランプ」などと検索しても一向にルールが出てきませんし、その名前のせいで凄く共有しにくいのでここに書くこととしました。是非一度遊んでみてください。