四天王決定戦予選 参加レポ

 こんばんは。季節の変わり目で例に漏れず体調を崩しているいちょーです。昨日行われた四天王戦@大阪に参加してきたので、その振り返りを行います。四天王戦やポケカ四天王とはなんぞやという人は以下のサイトをご覧ください(https://www.pokemon-card.com/info/2019/20190906_002053.html)。サイトを読んで頂ければわかるのですが、この大会は当日に抽選が行われ、その結果で参加出来るかが決まります。72の枠に対して164人が集まったようで、僕は無様にも落選しました。以上。

 ではなく、その後起こった色々を書き残しておきたいと思い、筆を執っています。落選した何人かで集まり、ご飯を食べたり場所を移してフリーをやったり、そこで開催されていたトレリに参加したりしました。

 前日、わるやどさんに一度フリー対戦に付き合ってくれないか尋ねたところ快諾してくださいました。くりお宅の面々も四天王戦に来られていたのですが、その多くは落選されたようで、その方たちと1日ご一緒させていただくことになりました。わるやどさん、くりおさん、ころもさん、結局名前を聞く機会のなかったどなたか、1日本当にありがとうございました。

 梅田のしっぽでカードを揃えたり玉出でラーメンを頂いたりした後はスキップ玉出でフリー対戦をしました。くりお宅のメンバーがCL東京で使われたデッキと対戦させていただきました。デッキに興味のある方は以下のnoteを買ってみてください。

【有料】CL東京使用「超越HAND」こと「ミミッキュコントロール」のデッキレシピと解説|ノコノコ|note

文章がどうとか、説明力がどうとかではなく、デッキが難しすぎて文章という表現の限界を感じました。前日1日色々頑張って回してみたのですが、全く正解がわからず、わるやどさんに教えを乞おうとして前日にフリーのお誘いをしたのがそもそものキッカケでした。僕グッジョブ。で、結局くりおさんとそのデッキで対戦してもらい、改めてこのデッキの凄さに感動しました。当然普通に負けてしまいました。悔しいとかよりもデッキの洗練された美しさにあっけにとられるばかりでしたね。ですが感想戦もほどほどに、トレリの時間が来てしまいました。同場所同時刻には、はやお杯という自主大会も開催されていて、ついぞ名前を聞けなかった1人はそちらに出られましたが、その方以外のお三方と僕はトレリに出ることにしました。8月にトレリ駆け込みをした時は人が少ないところで雑魚狩り(口は悪いですがこれが的確と思い使います)をするのがトレリだと感じていました。CLのトナメにも見劣りしないようなメンバーがいる中でトレリに出るのか・・・とも考えましたが、これもいい機会ですし、CSP取れたら儲けものと思って胸を借りるつもりで出ました。わるやどさんの使用デッキがわかっていたので、僕は四天王戦で使うつもりであったラフレシアLOではなく、ハンデスルカメタを使用しました。

f:id:ichyopoke:20190930230731p:plain
f:id:ichyopoke:20190930231607p:plain
ラフレシアLO  ハンデスルカメタ

どっちも多少違うカードが入ってるかもしれませんがまぁそこは。

トレリの結果は以下の通りでした。

1回戦 レシゼク 勝ち(わるやどさん)

2回戦 チムアチャミュウミュウ 負け(ヤノヒロキさん)

3回戦 エンニュートHAND 勝ち(ころもさん)

4回戦 超バレット 負け

5回戦 超越HAND 勝ち(くりおさん)

 1回戦はわるやどさんが動き出すのが遅れ、こちらは盤面を準備しきることが出来ました。焦って後ろのエネを全部飛ばしながらルカメタを倒してくれたので、返しで全ハンデスフルメタルウォール、さらに次のターンに後ろのジラーチを倒すことで盤面を形成させず、サイド6‐1から一気に捲ることが出来ました。 

 2回戦はヤノさんのミュウミュウアルセウス。今回は僕の序盤の動きが悪く、リソースを切りすぎてしまい、終盤息切れで負け。鋼鉄のこぶしとヘビーインパクトの宣言間違いを2回してしまったようなのですが(僕も1回はしまったと思った)、気付かないふりでそのまま普通に処理してくださり、優しい方だなぁと。余裕持ってしかも勝てるのだから強い人は流石ですね。

 3回戦はころもさん。久しぶりにポケカに復帰したらしいのですが、それでいきなり特殊なデッキを使っているのだから凄いと思います。序盤の道しるべをスタンプで流し、その後はサイドを2枚献上してアブリボンを取りながら再びスタンプ。その後は普通にサイドを取りきることが出来ました。 

 4回戦はゲンミミやネクロズマGXの入った超バレット。1枚目をネクロズマで取られた時にハンデスはしたのですが、前のエネが落ちるのでGXを使ったつもりになってしまいました。その前提で色々計算していてフライパンも付けられなかったので4エネを普通に用意されてしまい負け。無理やりにでも5エネミミロップ作る必要があったなと反省しています。 

 5回戦はくりおさんの超越HANDデッキと対戦。事前のフリーでこのマッチアップはただの泥沼であることがわかっていて、お互いかなり疲れていたのでやる気もあまり出ず。それとこれまでのマッチアップに振り回されていました。いきなりWCS出場者2連続、特にヤノさんは世界を取っている方ですし、最後はくりおさん。この方も結果を出されていますし、何よりデッキが超すげーんですよ。ラスボス来たって感じでした。デッキの内容はなるべく隠した方が良いと思うので詳しくは説明しませんが、ループ出来ないターンを作り、グズマをスタンプで流されてもどうにか引けるだろうという盤面を作ります。結局サイド1の状態でスタンプは打たれたのですが、その引いた1枚がグズマで勝つことが出来ました。周りの人的にはこいつら何やってだって感じだったかもしれませんが、僕としては中々熱い試合が出来たと思っています。

 結果としてはただのトレリで3-2して8ポイントを貰っただけですが、中々いい経験をした1日だったと思います。僕の興奮や感嘆感動をうまく伝えられない文章力が恨めしいですが、僕にとっては本当に充実した1日でした。特にノコノコさんのデッキの、出来たものだけを見ると意味がわからないけれど、いざ対面してみると合理性の塊のような、その完成度にとても感動しました。是非読んでみてほしいです。伝えたいことが迷子ですが、1日を終えた充実感が凄かったのは確かです。わるやどさん、くりおさん、ころもさん、本当にありがとうございました。