最近読んだ記事感想

 BOTで上がっていたやつやTLに流れてきた記事には大体目を通しました。その上で良いなぁ(これは様々な視点を含みます)と思った記事を列挙し、勝手に紹介しようと思います。当然有料のものにも触れますが、その際は中身への言及はなるべく避けようと思います。

1.
配信卓でたまに見かけるジョニーさんの記事です。波乗りジョニーが好きだったり、CL千葉の対戦後のコメントが面白かったりで勝手に好きになっていた人なのですが、今回やっと記事とツイッターを見つけることが出来ました。やはり言葉選びなどが面白かったです。調整過程の思考などが見えないのは寂しかったですが、千差万別あったアルセウスのひとつの答えだと思います。読み得。

2.
僕は未だにCLに出られなかったことに萎えています。抽選落ちるようなやつはどうせ1戦目でじゃんけん負けて先1破れかぶれで事故ってその後魑魅魍魎の0勝卓に呑まれるだけと思っているので、出られなかったこと自体は良いのですが、参加選手がしっかりやった努力を自分がしなかったことや、当日はずっと配信を見ていましたが、その時に当事者と見えていた世界が違うことがどうにも悔しかったり、空しかったりでした。つまり、CLになにか忘れ物をした気持ちでいます。で、この記事は執筆者たちがされた努力を時系列順に追体験させてくれます。僕にとってはすごく楽しい読み物でした。デッキもかなり強そうで(まだ回せていない)、解説記事としても十二分に良かったです。

3.
僕はコントロールデッキが好きです。ハンデスゾロアークなどが一定の結果を出したことからわかるように、素直にサイドレースに付き合うことにはリスクがつきまとうと考えているからです。ですが、今回の環境はコントロールにとって明らかに向かい風でした。ケルディオGXやゲッコウガGXが一定数存在し、10戦やれば2~3回は当たることが目に見えていたからです。フーパもルカメタもラフレシアも苦しい立ち位置にいました。この記事はそんな環境においてコントロールが持てる解答を示してくれています。また、各種デッキに対する戦い方が非常に丁寧に書かれていて、コントロール初心者にも参考にしやすい記事だと感じました。コントロールをちょくちょく考える僕にとってもためになる知見、アイディアが多々ありましたし、手元のデッキに即採用しました。感謝。それとなによりかげろう氏の変なデッキ選択が大好きです。超越ゲッコウガとか、べトンムウマージ入りのピカゼクとか。推し。

 

 ひとまず良いなぁためになったなぁと思った記事はこんくらいかなぁといった感じです。とーしんさんやあむさん、しゅんさん、凱さん、みやししさんの記事も買ったは買ったのですが、(受け手のか発信者のかはともかく)慣れからかテンプレート化してきたように感じ、また特にあむさんなどはこれまでの記事で書けることを書きすぎた面もあり、まぁこんなもんだよなぁといった感想に留まりました。その他のデッキに関しては、リストを求めて買った(読んだ)記事が多いのですが、僕がそのデッキに対して一定のハードルを設定しながら読む(化石デッキが相手の先1うねりをどう対処するのかなど)せいもあり、なるほどなぁとならない限りは満足度も低かったです。これに関しては僕と他の読み手の努力の差で求める考察の深度が違いますし、ここで言及することはしません。
ハンデスカメポチャレアコイル@チャンピオンズリーグ2020東京|安城新撰組|noteそういう点ではこのデッキのアイディアは非常に面白かったです。