東京CLに向けたデッキ集

 こんばんは。いちょーです。この前あれだけ世界大会に向けて意気込んだ記事を書いたのですが、CL東京落選してしまいました。なので、温めていたデッキについてここで語り、起源主張でもしようと思います。承認欲求の塊なので。

 

 まず、環境と新規カードについて考察します。直近の大型公式大会はJCSまで遡るので、新弾3パック分の推移をひとつひとつ確認していかなくてはならないとこなのですが、ドリームリーグ以前の環境に関してはここでは割愛します。JCSの環境でトップとされたレシリザ、ミュウミュウ、ルガゾロ、イカ絡みが依然トップなのは変わらず、それらに汎用的カードが加えられたと考えています。そこから新弾のカードが加わるわけですが、これらの中で、特に注目したのがアルセウスディアルガパルキア(以下アルセウス)、アーゴヨンアクジキング(以下アゴアクジ)、マオ&スイレン、そして混沌のうねりです。ミミロップ&プリンも当然強いと思うのですが、これはお互いのプレーによるところの多いカードであり、否応なしにGXを並べなくてはいけないルガゾロに対しては闘弱点、あるいはべトンで封殺可能なミュウミュウが前に出てくると考え、相互のメタに大きな影響を与えるものではないと判断しました(ミュウミュウミラーとかは難しくなったのかなと)。では上述のカード群についての言及を再開しますが、まず、アルセウスアゴアクジ、マオ&スイレンは非GXに対して非常に強く出ることのできるカードとなっています。これらのカードや島巡りの証に対し、非GXのカードデザインで対応するのは難しく、数を減らすと考えています。つまり、環境がGXに寄ると考えています。その中で特に、相手のGXやTAGに対して無類の強さを発揮するカードとしてレシリザやミュウミュウにウルネクGX、あるいはメタ的にケルディオGXが挙げられます。そして、これらのデッキの共通点として、スタジアムに頼ったデッキであることが言えます。僕は混沌のうねりを無人対策を主眼に置いたカードではなく、トキワやカマドなどに頼った高火力デッキのエネテンポを遅らせることの出来るカードだと捉えています。つまり、今回の環境をトキワorカマドに頼った高速高火力デッキvsそれを封じ、耐えるターンを作るデッキになると捉えています。

 

 これらを踏まえ、僕が考えていたデッキを時系列順に紹介していこうと思います。

1.マグカルゴデッキ

f:id:ichyopoke:20190906223543p:plain リスト公開以前の考察で定めた、後述する勝てるデッキの条件に合致した、非常にクオリティの高いものでした。が、カマドに対する依存度が高く、混沌のうねり公開と同時に没になりました。上記条件を

・レシリザ、ミュウミュウを1ターンで返せる

・ギラマネロに対してサイドレースをずらすことができる

・コントロールに対して勝ち筋がある

・進化デッキであれば後1エナジードライブでカキしたミュウミュウを削れる

としていました。手張り+溶接工+クラッシュチャージ+ハチマキの4エネ溶岩流で280点を出すこと、満タンによりギラマネロとのサイドレースをずらすこと、ビクティニによりエネリソースを循環させることが出来、また後1テテフに溶接工グレートキャッチャーで(上振れれば)後ろでカキしたミュウミュウを削り、クロスデヴィジョンでマウント取られて負けるのを回避する、といった風にこれらすべての要件を満たすことが出来ています。普通に強いので是非使ってみてほしいです。

 

2.サナニンフ

f:id:ichyopoke:20190906233055p:plain


混沌のうねりを受けて考察したデッキです。これまで、サナニンフが下火だったのはレシリザやミュウミュウに対してスピードで負けていたからですが、相手のエネ供給スピードを落とすことで十分に間に合うのではないかと考えました。ごく一般的なサナニンフの無人を混沌のうねりにし、ミミッキュを入れたものとなっています。想定通り中盤以降相手にエネが乗るスピードは遅く、それなりに強かったのですが、やはり先1カキは辛かったので、ミミッキュGXで返す形としています。中々良いデッキだと考えています。

 

3.ピカゼク

f:id:ichyopoke:20190906225223p:plain

ピカゼクの弱点は、HP240とそう高くない程度でしかないピカゼクが2枚前に出る必要があり、その2枚を取られるだけで負けになることでした。が、今回登場した島巡りの証により、高火力相手にも1ターン長くゲームをすることが可能となりました。さらに、混沌のうねりや無人、証などを破れかぶれで押し付ける動きは非常に強く、このデッキの勝ち筋を広げてくれています。そもそも先1破れかぶれ出来るデッキが雑に強いこともあり、困ったらこの手のデッキを使っていただろうなという第一候補でした。

 

4.ダブル無色ベースイカ

デッキレシピは無いですが今日抽選通ったら考えようとしていたやつです。イカはソルルナやズガドーンの登場により勝ち筋をかなり広げたデッキですが、先2クロスデヴィジョンを返すことがかなり難しいデッキでもあります。ここで、ダブル無色とテテフを採用したイカ軸であれば、かなり広い対応範囲を持てるのではないかと考えていました。考えただけです。証の評価が難しく、僕をすごく悩ませるカードなのですが、お札や破れた扉はこれを越えることの出来るカードであり、向かい風要素が多少あろうが依然強いデッキ群ですので、十分考察の価値ありかなぁと思っています。

 

 僕が考えていて偉そうに語れるようなデッキは以上になりますが、誰かがこの記事を参考に結果出してくれると僕はすげーうれしいです。それと、ここで語ってた環境予測が当たってたらいいなぁ。では、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。